web stats
/>





 無料で被リンクを増やす方法 バックリンク SEO対策 

                          


無料で被リンク(バックリンク数)を増やす 獲得調べる方法 張りつけ方 seo 対策とは インデックス登録 チェック 相互リンクツールなどや業者の格安サービスで以前はグーグルやヤフーの検索順位をあげることが容易にできましたが、ペンギン アップデートにともない効果が薄くなってきています。ブログやサイトのホームページで一番重要になっているのが外部からのリンクを獲得することで記事広告が最も効果の高い方法だといわれていましたが、最近のグーグルの情報でこれらの効果が薄くなりつつあります。

最近の情報はこちらから 

外部リンクとは自分のサイトとは関係のないブログやサイトで自分のホームページなどのアドレスが記載されることですがツールなどを使いバックリンクを大量に獲得する方法が過去に行われ。検索上位が可能でした。ペンギンアップデートに伴いアルゴリズムの改良をすることにより、外部からのリンクの重要性が変わってきています。現在、海外で言われているのがランクの高いページやブログから獲得することが重要になってきてると言われています。数や量が重要ではなくリンク元のトラフィックのアクセスも重要 またリンクをえることだけが重要ではなく、リンクされなくてもサイトの内容が使われると元のページのランクが上がります。リンクペナルティについてはこちら 



 


https://www.youtube.com/watch?v=9E24Tjwm5EM


上の動画で説明していますが実際カウントされいるのを正確に把握


企業紹介などに適した動画を作成する方法

無料動画編集アプリanimoto使い方


調査 自分のサイトにどのくらいの数がリンクされているのかチェック、調べる

ウェブマスターツール 

トラフィック> サイトへのリンク

ビングウェブマスター

インバウンドリンク


ウェブマスターの登録の仕方はこちらから


google link:サイト名は正確ではない


被リンクの重要性とペナルティを受けないようにするには


以前までは何個のリンクがあなたのホームページにきているかということが

検索結果で上位にくる大きな要因でしたがソフトなどを使い簡単にランクを

上げることができたのでグーグルもアルゴリズムを変更し 

その被リンクの量ではなく質のよさを計算する傾向になっています。

どのような要因で計算されているのでしょうか?

ページランクの高いサイトから

権限のある人が書いたサイトから

ページの内容とマッチしているサイト

なるべく幅広いサイトからのリンクを獲得する。

同じサイトばかりだとペナルティを受ける可能性があり、多すぎてもよくない。

リンクを作るときアンカーテキストを使用してキーワードを含む

アンカーテキストの意味はこちらで説明

必ず キーワードを含むようにする。 ただ サイトアドレスを貼り付けない。


どのように被リンクを作成して増やしていくか

グーグルが信頼しているサイト、 フェイスブック ツイッター グーグルプラスなどのSNS ソーシャルメディア、それとユーチューブ ブックマーク 口コミサイトでリンクを無料で得ることもでき増やせます


 SNS おすすめ サイト


必ず登録しないといけないのがお店や企業の場合 無料で登録できる。グーグルプレイス 会社向き google プラス作成

グーグルの検索結果は検索者の近い地域にあるキーワードの会社を上位に表示させる傾向にあります。

グーグルプレイスのマップ機能は検索結果で上位にきますのでそこからホームページに訪問されます。

必ず対策キーワードを入れる。

google.co.jp/landing/placepages/


ヤフーロコ loco.yahoo.co.jp イエローページ タウンページ


ビング マイクロソフト 

2013 5月現在

アメリカのみ 日本は対応していない。bingplaces.com


リンクを貰うための要素

自分でリサーチをしてオリジナルなコンテンツを作る


ブログを作り その分野で影響力を持つようにする。

ホームページとは別にブログを作成してそのブログの価値が上がりブログから集客できるのと被リンクを得ることができる。


ブログおすすめ一覧はこちらから


ニュースレター メルマガを作成する。


実体験を元にデータを残す 信用性が増える。


無料でサンプルや製品を配る


サイトを作成する際 まとめのソーシャルボタンなどを設置して訪問者がリンクをつけやすくする。


ソーシャルボタンの設置方法はこちら




  


 



ご質問は webblogsakusei@gmail.com