web stats
/>





goole 検索結果に表示させる 方法 yahooサイト 設定方法 


グーグル google 検索エンジン登録してヤフー yahoo検索結果としてホームページやブログが表示されるようにウェブマスターツールにURLのアドレス登録する必要があります サイトマップの確認と使い方設定方法を動画で下の方で説明しています。検索されるようにしないと集客できないので、必ずしてください。サーチエンジンの登録 もちろん無料 最近ではオンラインタイプのホームページをwebサイト上で作成するソフトが増えてきているのでそのやり方も載せています。sitemap サイトマップは殆どのソフトで自動的に作成してくれるので確認してください。やり方はいろいろあり、ファイルをアップロードするやり方とタグに貼り付けたりする方法です。




Bing検索サイトをグーグルにするにはこちら


検索サイト一覧ランキングはこちら




グーグルウェブマスターツール

グーグル検索サイトの正式名称


YAHOO JAPAN (ヤフー)の検索結果はグーグルのテクノロージーを利用していますので、グーグルに登録すると95%以上の日本の検索ツールをカバーするようになります。仕組みを知らない場合 グーグル検索上位表示 簡単に説明すると、クローラーというものがサイト内を駆け巡り、

情報を入手して、グーグルのコンピューターに送ります。その内容はただ単にどんな内容のページかということだけでなく。どのくらいのオリジナルティがあるか、どのくらいそのページの内容が

使われているかなどいろいろな情報をかき集めてデータ化してランクを決めます。ランクが上であれば当然、検索結果の上位に表示されることになり多くの訪問者を得られることが

できるようになります。主に以下のことが登録することによってできます。


  • 公開したくないページを検索にでないようにする。

 例えば、サイトを経営している人が書き込みが できる専門のログインページや

 会社内だけの情報ツールとして使うときなど

  • 検索結果で低い順位の時、サイトを変更し、すぐに検索結果に反映されるようにできる。

  登録すれば定期的に巡回をしてくれるのでなにもせずに記録を塗り替えてくれる。


  • サイトマップを登録する。

 クローラーが巡回しやすいように何個の何という名前のページがあるかということを

 先に教えることによって巡回忘れのないようにすることです。

  使っているソフトによって自動的に作成してくれるものや自分で作成しなくてはいけない場合があるので

 サイトマップの作成方法などで検索してみてください。


  • マルウェアーなどをチェックして報告してくれる。

 何か不信なソフトが埋められた場合などに報告してくれます。

  削除した後にもう一度チェックする場合 下記のURLから再審査

  www.google.com/webmasters/tools/reconsideration


  • Fetch as Google というツールを利用する

 大幅な変更を加えたときなど早く情報を伝えたいとき強制的にクローラーに情報を得てもらう。

 検索結果でのページの掲載数が少ないとき、役に立ちます。


 面倒な手続きがいやな人はこちらでURLを登録可能

 www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl



グーグルウェブマスターツールのサイト登録方法 サーバータイプのもの


https://www.youtube.com/watch?v=rR4WwZ8HhqY


最近ではオンラインで行うものも多くなっているのでオンラインタイプのもの 2:10分からです。


https://www.youtube.com/watch?v=OxXNBWeIpf4


検索エンジンサイト一覧はこちらから


マイクロソフト検索サイト登録情報はこちら




ご質問は webblogsakusei@gmail.com