/>





    google ペナルティ チェック 変更 2013 



googleグーグルのペナルティ チェック 種類 確認方法 アルゴリズムの変化と未来 ページランク 変更とは アップデートアップデイト下記の記事はグーグルのエンジニアのmatt Cuts マット カットさん 20135月13日あたりに投稿した動画を日本語約したものです。同じことを言っていた箇所は省略しています。


http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=確認したいサイトのURL


google ペナルティチェック

最近では ウェブマスターツールに登録しているとペナルティがかせられた場合。メールが送られてきます。

手動により対策の項目に何か通常と違う警告が出ていた場合にgoogleに被リンクの削除をした後、連絡しないといけません。


また ハッキングされた時もメールで知らせてくれます。  


グーグルウェブマスター検索エンジンに登録する


まず始めにこのビデオは2013年の5月の始めに撮られたものです。グーグルのウェブスパムチームがどのようなことを修正しようとしているかをお話したいと思います。 サイト作成者は訪問者が好きになる、友達などに伝えたくなる、ブックマークしたくなる、またサイトに何度も訪れたいと思わせるようないいサイトを作ることを心がけて下さい。 それがあなたのサイトのゴールならばグーグルはそのゴールを支持します。 訪問者のためにたくさんの努力をしているのであればグーグルもその質の高い内容に訪問者を提供する努力をします。 現在 グーグルが行おうとしていることは深い内容はいえませんが、アップデートする

時期に変更がされる可能性もあるので、ほんの少し言えることは (今日にほとんど確定していること) 次回のペンギン (penguin update 社内では  penguin 2.0 と呼ばれています。) は主にブラックハット(black hat) ウェブスパム (webspam)を行ってランクを上げているサイトをターゲットにしています。 


blackhat webspamとはランキングを上げるためにグーグルでは認められないような不自然な方法でランク

を上げようとする行為。 いろいろな方法があるがどのようなblackhat webspamについてターゲットにして

いるかは述べていません。 ブラックハットについてはこちらで述べています。


今回のものは penguin 1.0 より総合的なものになる予定で、さらに深く追求する形になるでしょう。それと advertorials (アドバトリアル advertisementeditorialを合わせた言葉 広告記事)の中で本来の広告記事とガイドラインを犯すようなものを見つけ。 もし誰かがお金を払って広告記事を載せた場合。それはページランクを上げるように反映されないべきです。 アメリカ、世界中で見られるのですが、 料金を取り記事にサイトのアドレスを載せページランクを上げさせる行為。 広告記事が

グーグルの指標 を犯すような場合、もう少し影響がでます。 本質的に広告記事や本来の広告は問題があるわけではないですが、広告がページランクをあげるべきではなく。訪問者がこの記事は支払われたもので論説ではないということをはっきりと公開されるべきです。 


大変いい意見がグーグルの外から入ってきているのですが。 かなりの人が訴えているのですが

イギリスのgoogle.co.ukで”payday loans” と検索する例など


bicyclesafe という会社がハッカーに乗っ取られ、 リダイアルでpayday loan (金融ローンの会社)

に転送されてしまい。 転送されたローン会社が 常に順位が上位表示されるようになっていること


このようなことがおこらないように2つの変更をします。 詳しくははなせないのですが。もう少し誤りが

なくなってきます。 ポルノ関係などさまざまな方法でスパム行為をしている場合が影響をうけるでしょう。 




さらにさまざまな方法でリンクを張りスパムする人たちにも そのリンクがあまり検索結果に影響がでないようにし、リンク先の解析を行う全く違ったシステムを導入する予定です。すでにテストを行っており。 しっかりとした結果がでるかどうか見極めている状況です。

ハッカーによって乗っ取られたサイトについても正確な状況をウェブマスターツールで確認できるようにウェブマスターツールの機能を強化します。 マルウェアーなどに乗っ取られたサイトなのかそれとも乗っ取ろうとしているサイトなのかを正しく認識できるように。 


しっかりとした 検索エンジン最適化を行っていれば次回のアップデートは問題ないでしょう。ただフォーラムなので不自然な方法でランクを上げる方法を見つけ活用したり。取引によってスパム行為の情報をつかみ活用してる場合を除きます。この夏は大きな事件になるかもしれません。 


それと専門分野で権限のある人たちを助けるようにしたいです。 医療関係、旅行などでもし記事を書いた人がその分野で権限のある人 (アルゴリズムにより)であればページのランクが上がるように。 それがグーグルではユーザーにとって適切と考えられます。 さらにパンダにも訂正を加える予定です。 細かいところ、質の高いか低いサイト 分かりづらい部分をさらに改良

していきます。また前回のパンダアップデートにより影響されたサイトがしっかり正しく反映されるように。さらに多くの人が伝えてきているのですがもしサイトが

3つの階層になる場合、検索結果を見ると。1つのドメインの一群が結果として出てしまうことがあり。follwoing pageとして表示されるようにする。


(検索結果が1、2 3位で同じドメインから独占されて

しまう場合やキーワードの検索結果で何個ものページが

1つのサイトから表示される場合。)


host clustering (ホスト クラスタリング)とhost crowding 

(ホストクラウディング)の調整を行います。

また引き続き意見などを取り入れていきます。



  


ホストクラスタリング 検索結果に同じドメインが複数

ホストクラウディング (代表の下にページが現れる。)

google ペナルティ チェック 最新情報 2013 

host clustering (ホスト クラスタリング)とhost crowding (ホストクラウディング)


2013年の夏にこれらの変化が現実になります。

google ペナルティ チェックの今後


ぺんぎんとパンダブラックハットについて


検索で上位に表示させるにはここから





ご質問は webblogsakusei@gmail.com