web stats
/>




seoキーワード 関連 選定 順位対策 出現 頻度 調査


キーワードSEO対策 出現頻度によって関連するキーワードをgoogle adwords (アドワーズ)の中にある無料で使えるアドバイスツールを使い人気の検索キーワードの選定をして検索順位に上位に出るように言葉をチェックしてそれをタイトルに決め、新しいページを作成していくのも検索結果で上位表示にするために重要です。 下記の動画はgoogleの責任者がwordpressの講習でどのようにキーワードを選択していくヒントを載せています。グーグルにいって検索するときキーワードを文章の中に自然に入れています。 言葉をいれすぎず 不自然にする必要はない。ある特殊な産業にいるときその分野の人たちが使うことばをいれますが 通常の人たちが使いそうな言葉を忘れがちです。 ユーザー視線でキーワードを入れて なるべく専門用語以外の言葉入れる。ページランクを上げるのに関連するキーワードを入れることは必要です  同じ言葉を入れすぎると逆にランクを下げる場合があるので グーグル ペナルティには気をつけてください コピベばかりのサイト 内容の薄いサイトなど単語を重要な箇所に2.3回載せておけばよい


グーグルは多くの要素を考慮します。 200項目以上で検索の順位を決める。ランク付けをする際、 キーワードがタイトル URL H1タグなどにはいっているかどうかが特に重要

H1タグとは ヘッダー 文章を始めに書くときのタイトルのことでこのページの一番上にあるタイトルで検索結果にでてくるページタイトルとは違います。 H1については 作成ツールの使いかた ページで述べています。 3つのページに分かれています。




https://www.youtube.com/watch?v=RYNyGlSceYY



ページ1 wordpress 初心者

ページ3   ホームページ SEO



URL アドレス 選定方法 調査 キーワードマーケティング

必ずUrLにタイトルのキーワードを含める ただし少し違った言葉で入れると幅が広がる


例えばchangeというタイトルだった場合 changing という URLアドレスに変更したり、また 現在 2013年では日本語でURLアドレスを入力できる無料ツールが多くありますので 上位表示に役立つので新しいwebサイトを作る際は参考に

jimdoの使い方

webnode使い方

wix 使い方


間隔がないのはあまりよくない 

adwords-advice  いい

adwordsadvice あまりよくない


ダッシュが一番 アンダースコアーもいいですがダッシュの方が好ましいです。

google-頻度 (真ん中棒 ダッシュ) いい

google_頻度 (した棒 アンダースコアー) ちょっとよくない


英語のURLでも 日本語で検索してみても検索結果として出てくるので一度 キーワードを検索エンジンで英語で入力してみて 検索結果の反応を見て見る。sakura と打ってみると さくらと いう結果も太く表示されるので検索エンジンはローマ字がひらがなにも反応します。 


このようなことが分かった後。 すべてのURLを変えたほうがいいですか?

変えないほうがいい  それよりか新しいページを作るなり、コンテンツを広げることを考える


タイトル

英語でのスペースと日本語のスペースでは日本語のスペースが広い

なるべく ページタイトルやH1のタイトルのスペース(間隔は)英語の間隔にしましょう

seo 順位対策 (日本語 間隔が広い)

seo 順位対策  (英語 間隔が半角)


google adwords キーワードツールで関連キーワードと出現頻度の調査 

記事を書く際 グーグルのキーワードツールにいき関連するキーワードを探してそれらの単語を含めることを忘れないで下さい 急上昇ランキング 2013 キーワードプランナーと名称が変更していました。検索数 出現率分析 注目話題

googleのadwordsにログインして




ツールと分析>キーワードプランナーを選択

キーワードと広告グループの候補を検索するを選択


宣伝する商品やサービスにキーワードを入力して

ターゲット設定で地域を 日本に選択

言語 日本語に選定

候補を取得するをクリックすると関連キーワードが出てきますのでそれをページに入れるかその関連キーワードで新しいページを作成する。


キーワードアドバイス ツール


カテゴリーを使う

カテゴリーを使ってください。 カテゴリーを入れるとき ”かっこいい物”ではなく カテゴリー特定して 例えば”linuxsearch (検索), SEO” このようにカテゴリーを設定しておくと 全てのページにキーワードを入れる必要がない





 webblogsakusei@gmail.com


評価やコメントお願いします。