/>





youtube 動画 著作権侵害を回避 音楽 実況ゲーム 写真

2013 5月


ユーチューブの著作権違法や侵害を回避する チェック 音楽 音声 BGMやニコニコ動画 ゲームなど 違法ダウンロード 作品を作成した人、(クリエイター)の利益をそこなわないように作られた権利で通常では著作権使用料を払い侵害を防ぐ、回避する方法が必要です。多くの問題や事件の逮捕者の事例が報告されています。youtubeは自由に動画、音楽、実況ゲームプレイ、写真 映像 映画などを投稿やアップロードできるので著作権法違法をすることが普通に行われています。任天堂は収益化が難しいらしい。こちらのリンクに第三者のコンテンツを確認しました と出た場合 通常削除されず。著作者に広告料金が払われます。歌ってみるや踊ってみるなどは広告収入を得るのは厳しい状況です。 こちらに著作権フリー音楽ダウンロード


 http://www.youtube.com/yt/copyright/ja/what-is-copyright.html

 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/online.html

  http://www.jasrac.or.jp/network/customer/business/sonota.html#02

http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp?trxID=F00100   (曲をチェックしてくれる)


昔はテレビ番組や音楽などをアップロードすると削除されたり。音が消されたりしていましたが、現在はユーチューブの方でその動画に対し広告を出して著作権者に払うようにしています。これだと、ユーチューブで稼ぐことができません。

稼ぐ方法はこちらから 

法律もまだはっきりとしていなくて常に議論がなされています。 製作者の方も広告の役目を果たすので黙認している状態もあります。


音楽 音声 BGM

ユーチューブで著作権のある音楽をダウンロードすることは現在違法です。逮捕者はまだでていません。アップロードも違法ですが保有者が申し立てて広告を出しyoutubeが料金を支払う形で問題を回避することもありますし、アニメなどをアップロードした人が逮捕されています。音楽は50年で著作権が切れるのでクラシックなどはこれから多く使われることになりそうですが、演奏者にも著作権があるので最近演奏されたものをダウンロードや投稿は控えましょう。jasracに申し立てれば何パーセントかを払い使うことができる可能性があります。 15秒以内であれば問題ないという説もあります。(あくまで参考に)


動画

テレビや映画は基本的にだめですが法律が少しかわり、抜粋であれば侵害ではないですが、テレビ業界はちゃんとクレジット、元の番組や放送局の提示を求めています。殆ど守られていない。基本的にテレビ番組の動画を投稿して稼いだり儲けることはだめです。断りをいれれば問題ないですが。 


実況ゲームプレイ

攻略法や使い方などの情報は断りをいれれば問題ないですが基本的に実況ゲームプレイ(最初から最後、クリアするまで行う場合)は違法でした。海外の事件や事例でいえば多くの人がゲーム会社から申し立てを受け削除されアカウントの停止をうけていましたが購読者数が多い場合。ゲームプレイを管理する組織に入りその組織がゲーム会社と交渉し違法でない手続きをとるということをしています。 最近ではゲーム会社も削除や停止をしなくなっているようです。弟者さんは海外のゲームを扱い YouTubeの広告 収入を得ているようです。なるべく自分の声のコメントを入れる。 こちらにくわしい ゲーム実況著作権 生放送配信方法


写真

作品の一部である場合 侵害とはとられずらい

写真の素材を保存する方法


著作権違法 アカウント停止を回避する

ハウツーや使い方、やり方、教育関係で使う場合。パロディなどはある程度、緩くなります。 ロイアルティフリー 著作権フリーなどの素材を使う、きちんとクレジット引用先を残す。最初に購入しなくてはいけない場合があるので気をつけてください。

動画再生回数を増やす

       

  


  



PR


ご質問はwebblogsakusei@gmail.com 


評価やコメントお願いします。